Main Visual

2012/04/17

「人に言えない私の嗜好」第1回(同性の外見)

TOOTが20~30代の男女100人に聞いた「人に言えない私の嗜好」。
最初に同性を見る時、あなたはどこを見てしまいますか?


質問(1) 同性を見る時、思わず視線が行くのはどこですか?(お答えはいくつでも)


同性を見る時、思わず視線が行くのはどこですか?

最初の質問では、同性を見る時に「顔」を見ると答えた人が半分以上でした。理由として、やはり「顔の良さ」が挙げられていますが、「肌やメイクを見る」という、同性ならではの意見も多く寄せられています。
顔に続いては「髪型」「服装」も半数以上がチェック。こちらは「おしゃれな人は憧れる」「参考にしたい」など、相手のセンスを見ているようです。
次に多いのが、「目」や「口元」と答えた方。顔の中で最も目立つ場所として考えていたり、目つきの良し悪しを見たりする、という意見が多かったです。
これに続き「胸」や「足」などが挙げられていますが、いずれも「自分のサイズと比べてしまう」「セクシーな形は憧れる」など、自分の気にしているところと比較するために見る、という印象があります。
では、男女別で見た場合、どのような違いがあるのでしょうか?

同性を見る時、思わず視線が行くのはどこですか?

男女共に回答の多かった「髪型」「目」「顔全体」ですが、女性の方がしっかり見ていることが多いようです。

女性側のコメントでは、「ツヤがある髪に憧れている」「アイメイクが気になるから」など、相手の長所を取り入れたいという願望が見えてきます。
一方で男性側は、「髪の薄さが気になる」といった切実な理由や、「目を見れば性格や実力がわかる」など、相手に対するちょっとしたライバル心が見え隠れしています。
また、「顔全体」と答えた男性の中には、「可愛いかどうか」「自分の好みか」という、少しドキっとするような理由を答えてくれた方もいました。

男女で回答にハッキリ差が出たのは、「手(女性のみ)」「おなか(男性のみ)」の項目です。
「手」と答えた女性は、「相手の年齢を知りたいので」「ネイルが気になる」というコメントが。
反対に「おなか」と答えた男性は、「腹が出ていないか」「引き締まっているか気になる」とコメントしています。

これらをまとめると、同性を見る時、女性は相手の年齢や化粧が気になりやすく、男性は相手の体型や性格が気になりやすいと言えるのではないでしょうか。
男女ではこれだけ視点が違うということが、改めてわかるアンケートでした!

次回は「人に言えない私の嗜好」(異性の外見)編。乞うご期待!

0 件のコメント:

コメントを投稿